logo

Anastasia Dress

Story(Dress) about Anastasia

幼い頃から森に囲まれた自然豊かな土地に住み、森の湧水を汲んで生活をし、 身体が喜び心も豊かになる食事を作り、自然と共に暮らして来ました。

日々森に入っては植物を摘み、光と風、揺れる木々や草花、森の精霊達と対話をし、 植物からインスピレーションやエネルギーを貰う。 それが、フラワーアーティストである私の創作活動の源となっています。

私と同じように、ロシアの森で自然と共存して暮らしているアナスタシアの存在を書籍で知り、 そのライフスタイルに共感し感銘を受けていたところ、アナスタシア・ジャパンからの依頼で、 アナスタシアをイメージしたドレスを作り始めました。

これまで植物を使って様々な創作活動をして来た私は、今度は植物を使って生地を染め、 天然の素材のみを使い、染めから縫製まで全てハンドメイドで創るドレスのデザイナーとなったのです。

新月から製作を開始し、満月のエネルギーを使って生地を染め、太陽の光に当て完成させるという 植物と月と太陽のエネルギーを取りこんだこのドレスは、着る人に自然界からのたくさんの恵みと豊かなエネルギーをもたらすため、 女性性がアップし幸福感で満たされると、多くのお客様から感謝のメッセージが寄せられています。

また、7mもの長さの1枚の布から取り出して作る美しいラインは、光と風に揺らめく花のような雰囲気を与え、 全ての年代の女性を一番美しく見せ、自分の中にある女性らしい部分を思い出させてくれます。

私はアナスタシアからのメッセージを受け、多くの女性の本能が目覚め、女性たちの心が元気になり、 それぞれが美しく輝き自分らしい人生を歩むきっかけとなるよう、日々ドレスを作り続けています。
女性は皆それぞれが美しく生まれながらの女神であり、男性を愛で包み込む太陽のような存在なのです。
そのためにも私はこれからもドレスを作り、アナスタシア・ジャパンから譲り受けたシベリア杉の種をこの日本に撒き、 愛と平和のエネルギーに満ちた社会が実現するよう強く願ってやみません。

1.アナスタシアが住むタイガの森の、木の実をすり潰したミルク。
響き渡るリンギングシダーの種。


2.アナスタシア農法による種の撒き方。宇宙に仰ぐ。


3.舌下に入れた種に息を吹きかけ、身体の情報を与える。


4.素手で種を大地に置く。


5.大地再生の会の作法により、葉を被せる。

→アナスタシア・ジャパン

→Official Store